【ホテル清掃は業者に依頼すべき?】おすすめ業者も徹底比較!

【ホテル清掃は業者に依頼すべき?】おすすめ業者も徹底比較!

ホテルの業務はさまざまですが、軽視できないのが清掃業務です。客室のクオリティに大きく影響しますし、不手際があればクレームにも発展します。また、窓ガラスなど高所の清掃は、安全管理も徹底しなければなりません。

ホテルの顧客満足度にも関わることから、清掃は毎日欠かさずに行わなければならない重要な業務です。そんな清掃業務に手間がかかるとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではホテル清掃の業者依頼について詳しく解説します。業者へ依頼することのメリットや注意点についても解説し、おすすめのホテル清掃業者も徹底比較しますので、ぜひ業者の選定をする際の参考にしてみてください。

 

ホテル清掃は業者に依頼すべき?

ホテル清掃はホテルの従業員でも完結できるものです。しかし、清掃業者ならではのメリットもあります。ここでは、清掃業者に依頼することで得られる3つのメリットについて解説します。

 

スタッフの負担軽減

一番大きなメリットは、ホテルスタッフの負担を大きく軽減できることです。ホテル清掃には日常清掃と定期清掃があり、それぞれの作業は時間も手間もかかります。

従業員が接客業務など他の仕事と並行して行うとなると、業務負荷も軽視できません。清掃は重要な業務ですが、顧客対応が満足にできなくなれば本末転倒です。

また、ホテルの清掃は完璧な品質が求められ、数多くの客室と共用施設は一切の使用感がないように、常に綺麗に整えておかなければなりません。ホテルの清潔度はお客様の満足度にも直結するので、清掃忘れなどのミスは許されず、徹底して行うには労力もかかります。

一方、そうしたホテルの清掃業務をプロの業者に依頼できれば、従業員の工数を大きく減らせます。業務にもゆとりが生まれますし、人手不足の解消も期待できるでしょう。

 

プロに代行してもらえる

ホテル清掃を業者に依頼すれば、あらゆる清掃を厳しく訓練された掃除のプロに行ってもらえます。ホテル清掃業者によって提供しているサービスは異なりますが、充実したサービスを提供する会社は多くあります。

ホテル清掃業者は掃除のプロです。お客様に高い品質のサービスを提供するために、徹底した教育がされています。また、清掃業務に特化しているので、自社ではケアできなかった部分まで完璧な清掃を実施してもらえるでしょう。

さらに、自社の従業員ですべての清掃を行う場合は、新人には一から教育していかなければなりません。当然ながら最初からスムーズに清掃はできませんし、効率的に作業を進められない場合もあるでしょう。指導担当者には一時的に大きな負荷がかかることも無視できません。

しかし、ホテル清掃を業者に依頼すればこうした心配も不要となり、安心して他の日常業務に集中できます。

 

清掃器具の購入が不要

清掃業務を行うためには、清掃器具の購入が必要です。効率的で質の高い清掃を実施するために、高価な清掃器具を導入する場合もあるでしょう。そのため、それなりの経費を覚悟しなければなりません。

そのようなことも、ホテル清掃を業者に依頼すれば清掃器具の購入が不要です。清掃のプロが専用の道具とともに派遣されるので、ホテル側での準備の手間やコストを減らせます。

また、清掃器具が老朽化したり、機能が古くなったりするとその度にメンテナンスや買い替えの費用がかかりますが、業者に依頼すればそうした心配も必要ありません。

優れた清掃器具を購入したとしても、適切に扱えなければ汚れが落ちない、壁や床を傷つけるなど、思うような効果が得られません。清掃業者は器具の扱いにも長けており、さらに汚れに応じて洗剤を使い分けることで効率的かつ確実に清掃を行ってくれます。

 

ホテル清掃を業者に依頼するときの注意点

メリットの多いホテル清掃業者への依頼ですが、いくつか注意点もあります。第一に、コストが発生する点です。

発生する費用は依頼する清掃業者や清掃内容によっても異なりますが、基本的に清掃規模に比例してコストも大きくなります。

また、日常的に行う屋内清掃に加えて、ガラス窓やエアコン掃除なども必要な場合は、別途オプション料金が発生するケースもあります。

清掃業者によって品質やサービス内容には差が出てくることから、コストに見合った働きを期待できる業者を選ぶことも大切なポイントです。

ホテル清掃という実績が豊富か、求めているサービスを行ってもらえるかなど、譲れない条件のチェックリストを作って比較検討するとよいでしょう。

想定外の追加のオプション料金が発生してしまったという事態にならないように、事前に不明点などは確認しておくことをおすすめします。

 

ホテルの「日常清掃」と「定期清掃」

ホテルの清掃ですが、大きく日常清掃と定期清掃の2つに分類されます。ここでは、それぞれの清掃の特徴などを詳しく解説します。

 

日常清掃

日常清掃は、誰もが快適に過ごせる空間を維持するための清掃です。ホテル内で利用する頻度が高い場所の汚れやごみを取り除きます。代表的な清掃箇所としては、客室・外周・大浴場・厨房などです。

たとえば、客室清掃ではベッドメイクや掃除機がけを中心に丁寧に清掃が行われます。その他には、家具などの拭き掃除・トイレ掃除・浴槽の掃除・シンク掃除・鏡掃除など、清掃箇所は多岐にわたります。

また、基本的にはゴミ回収やアメニティの差し替え・シーツや各種タオル類の回収も併せて行ってもらえます。駐車場やテラスも同様で、日常清掃にてケアされます。

 

定期清掃

定期清掃は、日常清掃では落とすことが困難な汚れなどに対処する清掃作業です。日常清掃では手が回らない場所や日ごろから清掃していても汚れが蓄積してしまう場所などを中心に清掃します。

定期清掃の代表的な箇所としては、カーペット・石材・ガラス面・エアコン・蛍光灯・壁などです。

たとえば、カーペットの汚れは、食べこぼしなどのシミを手作業でと薬剤によって根気強く落としていきます。普段は行わない前処理やシャンプークリーニングなどを行うことで、カーペットを傷めずにキレイな状態に戻します。

石材の場合は種類によって使用できる洗剤が異なるため、清掃にはより専門的な知識と技術が欠かせません。定期清掃では、石材の洗浄・コーティング・染み抜き・磨き出しを行い、美観を維持します。

 

ホテル清掃業者を徹底比較!

ホテル清掃はさまざまな業者がサービスを提供しているため、どの業者に依頼すべきか迷う方もいるでしょう。ここでは、おすすめのホテル清掃業者を7社を紹介します。特徴を比較してみましたので、ホテル清掃業者を選定する際の参考にしてみてください。

 

<比較①>EDEYANS

EDEYANSは、低価格で安定した品質の清掃サービスを提供しています。テクノロジーの有効活用と現場対応力の高さが人気の秘密です。

EDEYANSではIT活用による業務効率化や対応地域を絞って移動効率を上げるなど、低コストを実現するための工夫を行っています。自社開発システムの活用・独自のクリーナー教育や評価制度の導入・クオリティサポートチームの設置などを実施し、高品質なホテル清掃を実現します。

また、エリア毎にマネージャーがクリーナーを管轄しているので対応力も抜群です。ホテル清掃では1棟まるごとを担当した多数の実績があるので、安心して任せることができます。

 

<比較②>Bears

Bearsは、都内最高級のラグジュアリーホテルなどをはじめとする、清掃実績が豊富な会社です。高い意識を持った作業員による高品質な清掃が特徴で、他の清掃会社とは一線を画すサービスを提供しています。

たとえば、ベッドメイキング1つでも20の工程で作業を実施しています。見る人が見れば一目でわかる品質の違いを実現しており、全体はもちろんのこと、細部にこそBearsのこだわりを感じられるでしょう。

また、従業員の礼儀作法も徹底した教育を実施。ホスピタリティー・立ち居振る舞い・マナー・笑顔など、ホテルで求められる基本は丁寧に教育されています。

外部のマナー講師を招いたマナー研修やコミュニケーション研修なども行われているため、上質なホテル清掃を求めるならBearsがおすすめです。

 

<比較③>ニューセントラルサービス

ニューセントラルサービスは、総合ビルメンテナンスの企業で、ホテル清掃も専門としています。ホテル最大の商品である客室を、快適さとやすらぎの空間に変えることを目指し、顧客満足度を高めるサービスを提供しています。

ニューセントラルサービスには、ハウスキーピング全体のスキルを有するスタッフが多数在籍しており、徹底された教育も魅力です。特に細部まで行き届いた清掃を行うために、長年のノウハウをマニュアル化しているのが大きな特徴です。

それぞれのホテルにあったマニュアル作りを強みとしている会社なので、カスタマイズされた最高の清掃業務を実施してもらえます。また、特殊清掃業務にも対応しているので、突発的に発生したトラブルも信頼して任せられるでしょう。

 

<比較④>榊輝

榊輝は、創業20年の実績がある会社です。大型ホテルから民泊、アパートメントなど、それぞれの施設ごとのニーズに寄り添ったサービスを提供しています。

榊輝のサービスの特徴は大きく分けて3つあり、1つ目は、万全のサポート体制です。現場管理には豊富な清掃経験を持つ社員を配備し、複数名の管理によって運営されています。そのため、緊急時も速やかに対応してもらうことが可能です。

2つ目は、クレンリネスです。日常的な清掃の他、エアコンやエントランス床など部分的な困りごとにも対応しており、ホテルを清潔で快適に保ちます。

3つ目は、徹底したスタッフ管理です。ホテル清掃スタッフは事前研修を必ず受け、経験豊富なベテランメイドとのOJTも実施し、ホテルスタッフの一員として振る舞えるように厳しく教育されています。

 

<比較⑤>C-TEC

C-TECは2016年の設立された会社で、お客様ごとのニーズに合わせた業務の提供を強みにしています。ホテル清掃ではビジネス・リゾート・ラグジュアリーなどさまざまな業務実績があり、上質なサービスを提供しています。

清掃指示書の作成・作業スタッフのシフト管理・業務指示・清掃後のチェック業務・エレベータホール清掃・廊下清掃など、すべてのホテル清掃業務を任せられるでしょう。また、お客様からのオーダーに対する手配や備品の補充などにも臨機応変に対応してもらえます。

定期清掃では頑固な汚れを集中的に除去します。対応箇所も豊富で、床面やドレイン・グリーストラップ・フード・外部の窓ガラス・外壁など、幅広い清掃を任せられます。さらに、高所にあるシャンデリアなど各種照明器具の清掃も、経験豊富なスタッフが対応できます。

 

<比較⑥>フェアトン

フェアトンは、1991年にメンテナンスサービスの専門会社として設立された会社です。ホテル清掃も得意としており、ラグジュアリーホテルにおけるホスピタリティマインドと質の高いサービス提供を特徴に、多くの実績があります。

フェアトンではホテル清掃における綺麗・清潔というワンランク上の文化を提供することにこだわりがあり、お客様のコンセプトに合わせた質の高いシステムを構築して品質維持管理を行っています。

さらに、国際品質保証システムのISO9001の認証も取得しているので、そのクオリティは折り紙付きです。フェアトンにホテル清掃を依頼すれば、客室はもとよりホテル全体の運営を高い次元でサポートしてもらえるでしょう。

 

<比較⑦>ユニバーサル企業

ユニバーサル企業は、1967年に創設された歴史ある会社です。ビル総合管理業務・ホテル管理業務・エアケータリング管理業務など幅広く事業展開しており、ホテル清掃にも実績があります。

ユニバーサル企業のホテル清掃におけるこだわりは、安心・清潔・きれいの3つです。国籍や宗教に関わらず誰にでも喜んでいただくためにサービスを提供しており、心休まる空間を創出しています。

定期清掃では、ホテルのイメージを損なわないよう、徹底した品質管理のもと作業を実施。大理石の床・毛足の長い絨毯など、床や壁の素材の違いに応じた最適なクリーニングを行います。

 

まとめ

この記事では、ホテル清掃の基礎知識と清掃業者を7社紹介しました。ホテルの清潔感は、お客様に評価される大切なポイントです。誰もがリラックスできる空間を演出して最高のおもてなしを提供するには、丁寧で確実な日々の清掃が欠かせません。

コストはかかりますが、ホテル清掃を業者に依頼すれば高い品質のサービスを提供してもらえます。

清掃に特化した教育が徹底されている上に、ホテルスタッフの一員としての心構えも備わっているので、安心して任せられるでしょう。また、従業員の業務負担も減らせるので、接客などの業務にもゆとりを持って取り組めます。

ホテル清掃の業者選定でお悩みの際は、ぜひ紹介したおすすめの会社を参考にしてみてください。