リネンサプライ会社を徹底比較!何を基準に選ぶべき?

リネンサプライ会社を徹底比較!何を基準に選ぶべき?

ホテルや飲食店、医療施設において、ベッドシーツや枕カバー、ナプキンなどのリネンは、常に清潔に保つ必要があり、何度も交換しなければなりません。

しかし、自分たちで管理するには衛生上の不安があり、膨大な量のリネンを保管するスペースが必要となります。そこで、注目されているのが「リネンサプライサービス」です。今回の記事では、基本的なリネンサプライの説明から、業者を選ぶ際のポイントまで解説していきます。

 

リネンサプライの基本

そもそも、リネンサプライとは一体どのようなサービスなのでしょうか。以下では、リネンサプライの説明とメリット、基本的な流れについてご紹介します。

 

リネンサプライとは?

一般的に知られているリネンとは、人類最古の織物といわれ、天然素材の中でも上質で高価のものです。生地がしっかりと丈夫で、肌触りも良くシーツや衣類の生地として使用されます。一方、ホテルやレストランでいうリネンとは、シーツやタオル、制服などの店舗運営に必要な布類全般を指します。

リネンサプライサービスは、提供会社が貸し出したリネンを定期的に回収してクリーニングし、納品する工程を繰り返すものです。また、長く使用されて消耗や破損が目立つリネンについては、補充の対応もしてくれます。 

リネンサプライサービスを利用する施設は、ホテルやレストラン、医療施設など多岐にわたり、シーツやテーブルクロスに加え、ナプキンやユニフォームまで幅広い布類に対応可能です。 

一般的なクリーニングは、品物を洗濯するサービスです。一方、リネンサプライサービスはリネンを貸し出し、使用後は洗濯して戻すリースとクリーニングの複合的サービスという特徴があります。

 

リネンサプライのメリット

リネンサプライサービスは活用することでさまざまなメリットがあります。以下では、4つのメリットを紹介します。

1つ目は、顧客満足度の向上です。はじめてホテルやレストランを開業する場合、適したリネンを選定するのは難しいものです。そこで、さまざまな施設と取引のあるリネンサプライ業者に相談することで、肌触りや使い心地など、施設の利用者にとって快適なリネンを提案してもらえるのです。リネンはベッドシーツやタオルなど、施設の利用者が触れる機会が多いものなので、使用感が良いことはそのまま施設の評価にもつながるでしょう。 

2つ目は、管理作業の負担軽減です。リネンサプライでは、リネン類の購入からクリーニング、補修まで業者が請け負ってくれます。シーツやテーブルクロスなどを施設で用意するケースでは、購入コストや保管スペースの確保、衛生管理などの負担がありました。しかし、リネンサプライを利用することで管理に関わるすべての問題の解消が期待できます。 

3つ目は、環境への貢献です。リネンは長期間、回収・洗濯・納品を繰り返すことで劣化してしまいます。しかしながら、劣化したリネンでも修繕して用途や形を変えることで再利用できるため、長く活用することが可能です。また、洗濯工程で発生する排水処理についても、水のリサイクルなど環境に配備した対策がされていることが多く、施設内で管理を行うよりも環境に配慮したリネンの使用が実現します。

 

リネンサプライの基本的な流れ

リネンサプライサービスは、基本的に5つの工程に分かれています。 

1つ目の工程は、利用者と業者の間で結ばれる契約工程です。利用者の施設情報を細かくヒアリングし、ニーズに沿ったプランを業者が提案してくれます。また、貸し出しするリネンの量や頻度、種類についても、利用者側の業務に適した契約内容を提示してくれるため、効率的にリネンを活用できるでしょう。契約を結んだら、リネンの貸し出しがスタートします。 

2つ目の工程は、リネンサプライ工場へ回収したリネンを送る入荷・仕分け工程です。仕分け作業では、シーツや枕カバー・タオル類などで細かく分類していきます。 

3つ目の工程は、洗濯・脱水工程です。専用の大型洗濯機を使用し、適正温度や薬剤管理のもと洗浄し脱水します。乾燥機についても専用の乾燥機で乾かしていきます。 

4つ目の工程は、仕上げと検品工程です。洗濯・乾燥を行ったリネンのシワを伸ばすために、プレス加工をして仕上げます。回収されるリネンは定期的に検品され、消耗していない限りは繰り返し使用されますが、消耗や破損などの不良が見つかった場合には補修・交換を行います。 

5つ目の工程は、出荷工程です。仕上げと検品が完了したリネンを顧客先に届けます。納品時に使用するトラックにも消毒などを施し、徹底した衛生管理や安心・安全管理を行っています。

 

リネンサプライ会社の比較

現在、リネンサプライサービスを提供する会社が多く存在し、自社に適した業者を選定するのが難しいのが現状です。そこで、以下ではリネンサプライサービスを行う5つの会社を紹介します。 

 

綿久リネン

綿久リネン株式会社は、1973年に設立されました。事業内容は、リネンサプライ事業を始め客室備品マネジメント事業や、ダストコントロール事業などを行っています。 

綿久リネンの特徴として、「投資の節約」「安心安全の提供」「環境配備」があります。

・投資の節約
綿久リネンでは、あらゆるリネンを用意することが可能です。顧客側は、リネン類の購入や在庫スペースを確保する負担を削減でき、設備投資や業務資金を回すことができます。 

・安心安全の提供
綿久リネンは、全国各地に存在する工場に国家資格を持つクリーニング師を配置しており、クリーニング師が責任者として徹底した衛生管理を行うことで、顧客に安心安全のリネンを提供することを可能にしています。 

・環境配備
工場には、環境保全のために工場排水や排水熱を再利用する設備、二酸化炭素排出を抑制する設備が整っています。また、消耗したリネンについては、形を変えて再利用しています。

 

東急リネン

東急リネン・サプライ株式会社は、1962年にリネンサプライ事業を開始して以来、全国のホテルに一貫した品質のリネンを提供しており、リネンの快適性や肌触りを徹底して追求し、高品質のリネンを提供することを実現しています。

東急リネンの特徴として、「品質へのこだわり」「東急グループのネットワーク」「緊急時の対応」があります。 

・品質へのこだわり
リネンサプライサービスにおいて、安定した品質管理と衛生管理は必要不可欠です。東急リネンでは、洗濯~出荷までの工程を専門スタッフがトータルで実施しています。また、人の目には見えない汚れも検知できる自動検知器を導入し、さらなる品質管理を徹底しています。

・東急グループのネットワーク
リネン類を調達するのには、大きなコストが発生するうえに、リネンの交換や修復も必要になります。しかし、東急リネンには東急グループの資金力によって常に高品質を保ち、コストを抑えながらも充実したサポート体制が整っています。 

・緊急時の対応
東急リネンでは、万が一自然災害などが発生した場合でもリネンを提供することが可能です。直営の4工場と協力工場の連携体制によって、安定供給できる仕組みを構築しています。

 

白興

白興株式会社は1961年に設立されました。主に、リネンサプライ事業や介護用品サービス事業などを行っており、リネンを通じ顧客とつながり感動を届けることをモットーとしています。 

白興の特徴は、「安心・安全」「身近な存在」「品質維持」の3つです。

 

・安心・安全
クリーニングから配達、スタッフに至るまですべて白興の責任で管理し、リネンを安全に顧客までお届けします。

・身近な存在
白興は、24時間365日年中無休で対応しており、非常時でリネンの補充や交換が必要な場合でもいつでも対応可能です。

・品質維持
白興では、リネンのデザインや機能に加え、価格や衛生面においても顧客の要望に応える提案を行っており、常に一定の品質が保つことを実現しています。

 

アラマーク

アラマークユニフォームジャパン株式会社は、1988年に設立されました。ユニフォームレンタル専用の会社で、主に企業や工場のユニフォームレンタルや製造、販売などを行っています。 

アラマークの特徴として、「コスト削減効果」「安全衛生」「管理面」があります。 

・コスト削減効果
工場などで使用するユニフームをすべてレンタルすることで、企業は購入費用が必要なくなるためコストを抑えることが可能です。レンタル費用は、貸し出したユニフォームに課金していく仕組みなので無駄なコストも発生しません。ユニフォームを保管するスペースも必要なく、管理の負担を軽減します。 

・安全衛生
顧客の職場環境で必要な着替え回数を事前に設定し、衛生レベルの均一化を図っています。ユニフォームのクリーニング作業は高温で行うので、頑固な汚れや菌の繁殖を抑制することを実現しています。 

・管理面
アラマークでは、顧客先の人事異動や退職で急なユニフォームの準備・回収をすべて行っているため、安心して活用することができます。また、貸し出し状況は、アラマークの管理システムによって管理されており、顧客の予算や適正枚数などの情報を開示することで確認できます。

 

サニクリーン

サニクリーン株式会社は、1967年に現在のサニクリーン(本部)が設立されました。主にユニフォームのレンタルやダストコントロール事業などを展開し、サニクリーンのユニフォームレンタルサービスは、食品工場や飲食店、医療施設等で幅広く活用されています。 

サニクリーンの特徴は、「顧客専用ユニフォーム」「常時必要な枚数の提供」です。 

・顧客専用ユニフォーム
サニクリーンがレンタルするユニフォームには、マーキングタッグと呼ばれる個人番号が付いており、個人個人のユニフォームを簡単に識別できます。体系変化による交換やスタッフ増減によるレンタル数の変更など柔軟に対応可能です。 

・常時必要な枚数の提供
工場や企業などユニフォームを使用する職場は、最低週1回以上はユニフォーム交換の必要があると定められています。サニクリーンでは、業務環境に応じ必要な枚数を用意可能です。例えば、週に1回着替える職場の場合には、1人3枚まで貸し出すといった対応ができます。また、決まった曜日にユニフォームの回収に訪れるので、その際に意見や要望を相談することも可能です。

 

リネンサプライ会社を比較するときのポイント

ここでは、リネンサプライ会社を選ぶうえで重要なポイントを2つ紹介します。

 

対応地域

リネンサプライ会社が1番多い地域は、東京都、次いで大阪、長野です。東京都が多い理由については、レストランや病院の数が多く、シーツやユニフォームの扱う量が多いことが考えられます。 

リネンサプライサービスには、全国各地に対応する場合と特定の地域でのみ対応する場合があります。 したがって、そもそも自社の地域にリネンサプライ会社が対応しているかどうかは、必ず確認するようにしましょう。さらに、非常時の供給体制についても確認しておくと安心です。

 

管理方法

すべてのリネンサプライ業者には、施設や設備に関わらずリネンの処理・取り扱いにも衛生管理が求められており、衛生基準が設けられています。衛生管理対策について、ある企業が行っている方法をご紹介します。 

A社の対策はリネンの消毒と菌検査です。リネンの消毒は、通常80度の温度で10分以上行います。ただし、汚れが目立って菌が繁殖している可能性が高いものに関しては、オゾン消毒庫で消毒します。オゾン消毒庫は、内部が真空でオゾンガスを充填することで消毒できる構造です。また、必要な場合は過酢酸や次亜塩素ナトリウムを併用して消毒します。 

なお、菌検査については、リネンサプライ業界で定期的に菌検査を行うように定められています。A社では、工場内に約100か所のチェックポイントを設け、常に清潔な環境で業務できる体制を整えています。

一方、B社の対策は、サニタリーエリアの設置と隔壁対策です。サニタリーとは、衛生的という意味でトイレや洗面所などの水回りのことを指します。水を使用するため、サニタリーエリアは抗菌性と防カビ性が求められているのです。B社では、男女のサニタリーエリアに全自動の照明などを設置し、直接手で触る機会を低減して抗菌性を高めています。 

隔壁対策は、作業工程ごとにビニールシートや壁で区画を作り菌の侵入を防ぎます。さらに、クリーニングしたとそうでないが混合しないための対策としても有効です。 

このように、リネンサプライ会社の衛生管理方法について可能な範囲でヒアリングし、万全の体制かどうか確認しておきましょう。

 

まとめ

この記事ではリネンサプライの概要と、リネンサプライ会社を選ぶ際のポイントについて紹介しました。各リネンサプライ会社は、衛生管理と品質管理の徹底を心掛けています。ただし、対応地域や衛生管理対策に各会社で違いがあるため、リネンサプライ会社を利用するのであれば全国範囲で対応し、衛生管理対策が徹底されている会社に頼むのがおすすめです。

この記事を参考に、自社に合ったリネンサプライ会社を選定しましょう。