ECショップの経営に役立つ「発送代行サービス」とは?比較する際のポイントもご紹介!

ECショップの経営に役立つ「発送代行サービス」とは?比較する際のポイントもご紹介!

インターネット通販事業を展開する際、大きな負担になるのが「発送業務」です。少人数でECショップ(オンライン通販サイト)を運営している場合や、腕力に自信がないスタッフしか在籍していない場合、「発送作業に手間がかかる」という悩みを抱えているのではないでしょうか。

 

発送代行サービスを利用すれば、手間がかかる「発送作業」を自社で行う必要がなくなります。そして、経営資源(時間、人員など)を「仕入れ」「商品・サービスの開発」「マーケティング」などに集中できるので、ぜひご活用ください。

 

本記事では、インターネット通販事業を営んでいる方や、はじめることを検討している方に向けて、発送代行サービスを利用するメリットについて解説したうえで、おすすめの業者もご紹介します。

1.発送代行サービスとは?

近年、一からECサイトの構築を行わなくても、簡単にネットショップを開設できるサービスが普及し、誰でも気軽にECショップの運営をスタートすることが可能な時代になりました。

 

しかし、「商品の発送」に関しては「肉体労働」となるため、少人数で運営している場合や、腕力に自信のあるスタッフがいない場合は、困難が伴うかもしれません。そのような場合に役立つのが、「発送代行サービス」です。EC業界の成長に伴い、発送代行サービスの利用者も増加し続けています。

 

発送代行サービスとは、「検品」「保管」「ピッキング」「梱包」「出荷」などの業務を代行してくれるサービスです。なお、業者によって、これらの業務を「全て代行してくれるケース」と、「一部(出荷業務など)のみを代行するケース」があることにご留意ください。

2.発送代行サービスを利用するメリット

発送代行サービスを利用するメリットとしては、発送業務に充当していた時間・労力を、別の業務(原材料の仕入れ、商品・サービスの開発、マーケティングなど)に回せることが挙げられます。また、プロに任せることで「破損」「配送ミス」が減少することも魅力です。

 

ところで、取り扱っている商品によっては、特定の時期(「クリスマス」「年末年始」「お盆の時期」など)に注文が集中する場合がありますが、発送業務を担当するスタッフを自社で雇うと、閑散期には無駄な人員になってしまう可能性があります。

 

発送業務をアウトソーシングすれば、発送業務に関わる経費を「変動費」にすることが可能になり、「固定費(人件費)の削減」を実現できるので、ぜひ利用をご検討ください。

3.おすすめの発送代行サービス・業者

おすすめの発送代行サービス・業者は、「EC物流ドットコム」「株式会社日新ECパートナーズ」「コネクトロジ」「ECレスキュー」「EC Logi」の5つです。以下、それぞれについて詳しくご紹介します。

3.1EC物流ドットコム

EC物流ドットコムは、1988年創業の「株式会社共栄物流サービス」による発送代行サービスです。30年以上営業を続けている老舗業者であり、2,835社を超える取引実績を有するので、安心してお任せできます。

 

なお、日本全国どこの事業者でも、発送代行を依頼することが可能です。倉庫の床面積は、10,200平方メートル(3,100坪)となっています。警備会社と契約したうえで入退室管理が行われているほか、一般財団法人日本情報経済社会推進協会よりプライバシーマークを取得し、情報セキュリティの面で万全の体制が構築されていることも魅力です。

 

少量でもネット通販商品を倉庫で保管し、在庫管理から梱包発送までを代行してくれるので、ネットショップを開設したばかりのスタートアップ企業や個人事業主は、EC物流ドットコムの利用を検討してはいかがでしょうか。

3.2株式会社日新ECパートナーズ

株式会社日新ECパートナーズは1950年創業の老舗業者であり、インターネット通販サービスの草創期から発送代行サービスを営んできました。

 

「雑貨」「アパレル」「食品」「飲料」「化粧品」「医薬品」「医療機器」「玩具」「家電」など、さまざまなジャンルの商品を取り扱った経験があり、「入荷」「検品」「格納」「保管」「在庫管理」「ピッキング」「梱包」「出荷」「報告」などをワンパッケージで依頼できます。

 

また、「ラッピング」「アパレル品のサイズの計測」といったオプションサービスが提供されていることも特長です。料金体系はシンプルであり、商品1個あたりの基本料金が「750円(税別)から」となっています。なお、バーコード管理により、誤配送の低減が実現されているので安心です。

 

ちなみに、「10件/月~200件/日」程度の荷主(ネットショップ)との取引がメインとなっています。全国どこからでも発送代行を依頼することが可能であり、急な変更やイレギュラーな要望にも迅速に対応してくれるので、ぜひ利用をご検討ください。

3.3コネクトロジ

コネクトロジは、「株式会社いつも」による発送代行サービスです。2022年5月31日時点での延べ契約数は11,000件以上となっており、「アパレル」「美容」「健康」「食品」「飲料」「生活雑貨」「趣味」「家電」など、さまざまな分野の企業から受注しています。

 

なお、利用した分だけ費用を支払う従量料金制であり、初期費用や固定費は基本的に発生しません。ECショップをサポートするためのオプションサービスが充実しており、「受注処理」や「カスタマーサポート」を代行してもらうことも可能です。

 

ちなみに、標準化できる作業(「商品のピッキング」「ダンボール箱を作る製函作業」「梱包」「仕分け」など)についてはロボットが担当し(ほぼ自動化)、顧客ごとの対応が必要な作業(「ギフトラッピング」「メッセージカードの添付」など)だけ人間が担当する仕組みが構築され、年中無休で即日出荷・スピード対応が実現されています。

 

日本マーケティングリサーチ機構が2020年4月に実施した「ECマーケティング担当者に対するインターネット調査」によると、「EC売上アップ支援部門」「マーケティングに強いEC物流支援部門」「D2Cビジネス参入支援部門」で1位を獲得しているので、契約を検討してはいかがでしょうか。

3.4ECレスキュー

ECレスキューは、「株式会社ロジスティクスウェーブジャパン」による発送代行サービスです。出荷量によって、以下の3種類の料金プランに分かれています。

 

  • 月間1000~2999件の出荷量:スターターパック(1出荷560円から)
  • 月間3000~9999件の出荷量:QQパック(1出荷530円から)
  • 月間10000件以上の出荷量:ボリュームパック(1出荷510円から)

 

いずれも配送費込の発送代行料金であり、離島への配送などでも別途中継料金が発生しないように調整してくれるので安心です。ちなみに、初期費用はかかりません。

 

なお、月間出荷量1000件未満の法人・個人事業主にも対応しているほか、海外発送、梱包資材の手配、商品の撮影、採寸、ECサイト製作なども行ってくれるので、問い合わせフォームから相談しましょう。

3.5EC Logi

EC Logiは、仙台に拠点を置く「FCASE株式会社」による発送代行サービスであり、以下に示す2つの料金プランが用意されています。

 

  • 安心プラン:出荷した分だけ料金が発生
  • 割引プラン:毎月定額の固定費が発生する代わりに、出荷件数に応じて割引が適用

 

なお、月の出荷件数が200件未満の場合は、安心プランがおすすめです。割引プランは固定費が発生するものの、出荷件数が多くなるほど1件あたりのコストが低減されます。出荷量が多い場合は、割引プランの利用を検討してはいかがでしょうか。

 

ちなみに、メール便(A4サイズ)の場合は「1件あたり340円~」、宅配便(3辺の合計が60cm以内)の場合は「1件あたり580円~」となっています。

4.発送代行サービスを比較する際のポイント

発送代行サービスを比較する際には、まず「料金」をチェックしてください。あまりに高額な場合は、自社で発送を行う方がコストを抑えられることもあります。なお、料金をチェックする際には、「商品保管用の倉庫の利用料」「オプション料金」など、「トータルの費用」がどのくらいになるのかをシミュレーションしましょう。

 

また、「1日あたりの出荷可能数」や「保管場所がどこにあるのか」を確認することも大切です。遠方に倉庫がある場合、商品にトラブルがあっても、すぐに現場に駆け付けることができません。

 

ちなみに、「電子機器」「割れ物」「常温食品」「チルド食品」「冷凍食品」「医薬品」「アパレル」など、商品のジャンルごとに最適な保管方法・梱包方法があるので、「自社が販売しているジャンルの商品を取り扱った経験の有無」も重要です。

 

そのほか、「パンフレットの添付」「プレゼント用のラッピング」などへの対応が可能かどうかも、業者選びに欠かせない要素といえるでしょう。

5.発送代行サービスを活用して、売上を伸ばそう

発送業務には多大な時間・労力がかかります。フリマアプリやオークションサイトを通じて個人間で売買している量であれば問題ありませんが、事業規模の出荷数になると少人数では対応しきれなくなってくるので、発送代行サービスを活用することをご検討ください。

 

発送代行サービスを利用すれば、仕入れやサービスの企画、商品の開発、ECサイトの構築、マーケティング施策などに、より多くの人員・労力を割くことが可能になり、売上の増加につながります。また、プロに任せることで、商品の破損や配送ミスを防止できることもメリットです。

 

さまざまな業者が発送代行サービスを提供しています。それぞれに強み・特長があるので、料金やサービス内容を比較したうえで、自社に適した業者と契約しましょう。