POSレジ主要メーカー5つを比較!保守サービスも手厚いメーカーは?

POSレジ主要メーカー5つを比較!保守サービスも手厚いメーカーは?

スーパーやコンビニ、飲食店などで利用されているレジは、お店には欠かせない設備のひとつです。消費者の観点からすると、あまり気に留めないものでもありますが、ITの発達にともない進化を遂げてきました。従来は単純な金銭計算をするだけのものでしたが、現在は売上管理などもできる「POSレジ」が主流になっています。

今回はそんなPOSレジの概要から、主要メーカーの比較まで詳しくご紹介します。

 

POSレジの基本知識

まずは、POSレジの概要について解説します。その前に、POSレジという言葉についても簡単に押さえておきましょう。POSとは、「Point Of Sales」の頭文字を取った略称で、販売時点情報管理と訳されます。会計処理を行うだけの一般的なレジとは異なり、商品情報をリアルタイムで管理できるものです。それでは、POSレジの特徴やさらに詳しい内容について見ていきましょう。

 

POSレジとは?

POSレジとは、販売情報を管理するシステムが搭載されたレジスターです。いつ・どの商品が・いくらで・何個売れたかを正確に把握することができ、データとして管理できます。本部機能を持った小売チェーンや飲食チェーンを中心に導入が進んでいたPOSレジでしたが、近年では小規模店舗でもデータ解析を行い、店舗運営の改善などを行うようになったため、導入範囲も広がりました。POSレジの機能を用いれば、在庫や発注などの管理に欠かせないデータを蓄積することができるため、売れ行きの変動も予測することができます。

近年では、機器の小型化やデータベースのクラウド化によって、レジカウンターでの新しいやりとりが行われています。タブレット型のPOSレジは、汎用型のipadなどのタブレットにアプリをインストールするだけで「ネットにつながるレジスター」にすることができます。

その他に、POSレジの最たる例として「セルフレジ」も挙げられます。バーコードを読み込んで自身で会計を済ませるところまで完結するセルフレジは会計時の混雑を解消し、レジスタッフのコスト削減にも大きく貢献することでしょう。 

POSレジの発達により、決済方法も現金以外の選択肢が生まれてきています。これまでの現金以外での支払方法の代表例としてクレジットカードがありましたが、交通系ICカード・電子マネー・スマホアプリ決済などでも支払いができるようになりました。

 

POSレジとレジスターの違い

まず、レジスターは会計金額の計算や登録といったシンプルな機能のみを持っています。一方でPOSレジは、売上情報の収集や管理・分析など、企業の業務効率化を実現するさまざまな機能を備えています。 

POSレジとレジスターの違いは、ネットワークにつながっているレジかそうではないかの差異があります。POSレジは主にPOSシステムを搭載したレジスターのことであり、レジスターは商品の販売金額を計算し、登録することが主な機能です。POSシステムはネットワークと連携することで売上分析やデータ管理、周辺機器との連携も可能なため、より高水準な管理が実現できます。

 

POSレジに欠かせない保守サービス

開発・販売メーカーがそのまま保守を請け負うパターンと、メーカーの代理店が請け負うパターンがあります。POSレジの導入を検討する上で、保守サービスの充実は外せないポイントです。コールセンターやメールサポート、遠隔操作、出向対応などサポートの種類もメーカーによってさまざまです。中には24時間365日対応を行うメーカーもあるので、導入の際にはよく確認しておきましょう。

 

POSレジ主要メーカー5つを徹底比較!

ここからは、POSレジのメーカーごとに比較します。それぞれの特徴をよく理解しておきましょう。

 

比較①:寺岡精工

寺岡精工はPOSレジや計量器を製造、販売している企業です。絶えず変化する顧客動向を見極め、常に新市場の創造を目指すことを経営理念として掲げています。

 

POSレジの製品情報

寺岡精工の代表的な製品を3つピックアップしてご紹介します。 

一つ目は「Delitouch(デリタッチ)」です。Delitouchはペン型セルフオーダー端末です。既存メニューを利用し、ペンでタッチするように注文が行えます。これまでの注文方法と大差がなく、老若男女問わず簡単に注文することが可能です。飲食店において、ホールスタッフの仕事のうちのオーダーテイクが占める割合は決して少なくありません。セルフオーダー制を活用することでホールスタッフの労働量を軽減できます。さらに無線通信によりテーブルへの配線が不要になるため、従来のセルフオーダー端末と比べて導入コストを抑えることができます。 

二つ目は「DeliousPico」です。業界最小クラスのPOSターミナルを有しており、レシートプリンターも併せ持っています。「Delious」クラウドと連動して、POS画面の変更や売上分析など、インターネット接続先からも簡単に行えます。プリンターにはライナレスラベルプリンターとキッチンプリンターの二つがあります。 

最後は、「Web3800a」です。Web3800aはスタンダードなスタイルの卓上用POSレジスターです。レジ待ち解消に役立つ機能が搭載されていて、最大で3人までの顧客のチェックアウトに平行して対応することができます。画面上のタブをワンタッチで切り替えることができるため、お支払いの準備ができた顧客から精算ができるようになり、時間短縮が見込めます。また、Webシリーズの中で最速の300mm/秒を誇る高速のレシートプリンターで、レシートの受け渡しもスムーズに行えます。

 

保守サービス

寺岡では製品をいつも最善の状態で利用できるよう、保守サービスも充実しています。全国約140拠点のサービスネットワークと600名以上のサービスマンが速やかにトラブルに対応してくれます。サービスマンの派遣が必要と判断した場合、コールセンターから最適な人員が手配され、迅速に問題の解決を図っており、トラブルの復旧の際には報告書を作成し、きちんと記録を残します。

 

比較②:東芝テック

東芝テック株式会社はお客様・取引先とともに、新たな価値をタイムリーに提供することを理念に掲げる、POSレジ業界の最大手です。操作性・視認性・機能においてワンランク上のPOSシステムを提供しています。

 

POSレジの製品情報

ショッピングセンター向けPOSシステムと言える「ShopWorks7Gテナント」という製品のご紹介をします。ShopWorks7Gテナントの主な特徴は、登録機能はダイレクトタッチで直感的な操作を提供しており、多彩な決済に対応します。例えば、旅行者の自国通貨に対応できる多通貨決済機能を搭載しているため、旅行者の消費の手助けをします。その他にも、ICと磁気のクレジット・銀聯・7ブランドの電子マネー決済にも対応しているため、まさにショッピングセンター向けPOSシステムといえるでしょう。 

ShopWorks7Gテナントは、幅広いオペレーター層を意識した操作性・視認性を備えているので、商品名全角12文字の2段表示・印字に対応しています。タッチパネルボタンのサイズを2連キー、4連キーと設定できるため、操作性を個人の使いやすいようにカスタマイズできる点も特徴です。

 

保守サービス

全国約120拠点のサービスネットワークで、多彩な保守サービスにてお客様の機器をサポートしています。お客様のスタイルで選べるサービスパターンで大きく分けて4種類あります。 

一つ目はオンサイト保守で、お客様の契約時間帯に合わせて専門スタッフが訪ねて修理するサービスです。二つ目はセンドバック保守で、顧客が故障した機器を送付し、修理して送り返すサービスです。三つ目はピックアップ保守で、配送業者がお客様の元へ伺い、壊れた機器をピックアップします。その後、調査・修理をした後、お客様の元へ送付するサービスです。最後に、定期点検保守です。問題が起こる前に未然に対処し、安定稼働を目的とした定期的メンテナンスを行うサービスです。どれも定額で加入できるため、メンテナンス費用が予算化しやすことも利点でしょう。

 

比較③:富士通フロンテック

富士通フロンテックグループは、最先端のICTを駆使して、プロダクトからソリューション・サービスをトータルで提供する企業です。POSシステム以外にも、医療システムやプリンターなど幅広いジャンルを網羅しています。

 

POSレジの製品情報

ここでは、富士通フロンテックの製品を二点に絞ってご紹介します。まずは「FUJITSU Retail Solution TeamPoS(チームポス)7000」という製品です。この製品は、最新のIntelプロセッサを搭載し、幅広い性能レンジと大幅な節電性、優れた経済性を実現しています。さらに、量販店・専門店・ショッピングセンター・外食産業・大型店から小規模店舗など、さまざまな規模の店舗に柔軟に対応し、従来のアプリケーション資産の継承性を追求しています。また、ラインナップも充実していて、店舗に合わせて活用できます。バリエーションは「オールインワン型」「モジュラー型」「コンパクト型」があり、どれもフルフラットディスプレイが採用されています。

次にご紹介するのが、「FUJITSU Retail Solution TeamStore/S(チームストア・エス)」です。ドラッグストアをはじめ、ファッション・アパレル向けに適用可能なPOSシステムです。購買履歴の照会た価格コントロール、未決管理など充実の機能を搭載しています。そのため、顧客情報を細やかにストックしておくことが可能です。直感的で分かりやすい操作性で、誰もが操作できるマルチタイプのPOSシステムとなっています。

 

保守サービス

専門のサービスエンジニアが修理を実施します。サービスの終了2時間前までに受け付けた、影響度が高い障害の場合、当日問題発生後2時間以内を目標にサービスエンジニアが駆け付けます。

また、定期点検も実施しているため、予期せぬトラブルを未然に防止できる点もメリットです。また、ニーズに応じて、機種ごとに定められた標準点検回数以上の設定も可能です。

 

比較④:シャープ

シャープ株式会社は、言わずと知れた電気通信機器を取り扱う有名企業です。POSレジ端末・システムはもちろん、BtoC・BtoBを問わずに多くの電化製品を開発しています。

 

POSレジの製品情報

では、シャープ株式会社のPOSシステムをご紹介します。 

一つ目は、「POSターミナルRZ-A395S」です。プリンター一体搭載POSで業界最小クラスのこの機器は、幅278mm×奥行377mmというコンパクトさを実現しています。電子マネー端末など周辺機器の置き場所を確保し、限られたスペースでも有効活用できます。標準で4GBのメモリーを標準搭載しており、データサイズの大きなアプリであっても快適に操作できます。さらに、レシートプリンターは用紙交換も容易です。レシートが取り出しやすい前方排出構造や用紙交換が簡単なクラムシェル型を採用しているため、業務のスピードアップを手助けします。JIS第1・第2水準漢字に加えて、JIS第3・第4水準漢字にも対応しています。

二つ目は、「タッチターミナルRZ-A21D/A21S」です。この端末では店内の混雑状況によって、セルフレジからセミセルフレジに切り替えて運用することができます。別途分析用システムなどの連携が必要ですが、オプションでマイク付カメラも搭載できるので、撮影画像を利用したマーケティング分析などに活用できます。 

正面と背面にタッチパネルが搭載されていて、正面側はお客様向けの情報、背面側は従業員向けの情報を表示するなどスマートな運用が可能です。

形状はすっきり置ける縦型省スペース設計となっており、寸法は幅250mm×奥行274mmを実現しています。さらに停電時など緊急時にデータを守るファイル保護用バッテリーを搭載しているため、瞬間停電やコンセント抜けによるトラブルからデータを保護します。

 

保守サービス

全国に約150箇所にサービス拠点を設置しています。エンドユーザーからの問い合わせに一括して対応するコールセンターや、大量の機器の設定を行うキッティングセンターなど、各種サービスを提供するための体制を構築しています。マルチベンダー対応がされているため、他社製のPCなどシャープ製品以外の機器の保守も対応してもらえます。

 

比較⑤:カシオ

カシオは計算機をはじめとして、時計や電子楽器なども手広く展開している電気メーカーです。精密性や耐久性に優れる製品を多くリリースしています。

 

POSレジの製品情報

カシオが展開するBluetoothレジスターの代表作である「SR-S4000」についてご紹介します。SR-S4000は、スマホで無料のスマートフォンアプリ「CASIOECR+」をインストールすることで、いつでも売上確認ができて、レジ設定もスムーズに行えます。外出先からスマホで売上が見えるようになるほか、レジの設定変更や画像付きで日誌作成もスマホから操作可能です。さらに有料サービス(CASIOECR+Premium)を利用すれば、売れている商品ランキングや、曜日別の売上動向を自動で集計して表示してくれます。

 

保守サービス

カシオでは定額型の保守サービスに加入すれば、期間内は一定額の保守料金で何度でも修理を受けられます。また。休祭日の夜間まで保守を延長するオプションメニューも用意されています。保守契約の詳しいオプションメニューについては、お問合せ窓口にご相談する形になっているため、気になる方は一度問い合わせてみましょう。

 

まとめ

ここmで、POSレジのテーマに主要メーカーを5つ比較しました。POSレジは継続的に利用するシステムだけあって、保守サービスが重要なポイントです。製品も含め、各社それぞれ一長一短があるので、導入を検討している方は価格や機能をよく吟味して選びましょう。