コスト削減をコンサル会社に依頼するメリットとは?選び方やおすすめサービスまでご紹介!

コスト削減をコンサル会社に依頼するメリットとは?選び方やおすすめサービスまでご紹介!

企業にとって代表的な課題といえばコスト削減ではないでしょうか。人件費や通信費、交際費など企業活動を行うにはさまざまなコストが必要です。

日々のコストを見直すだけで大きな効果が期待できるため、改善に着手する企業は多くあります。しかし、無計画にコスト削減を行うとサービスの品質低下や社員の満足度低下に繋がる恐れもあるため、簡単な改革ではありません。

そこで注目されているのが、コンサル会社によるコスト削減サービスです。この記事では、コンサル会社にコスト削減を依頼するメリットやおすすめのサービスを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

コスト削減の必要性

コスト削減は多くの会社で進められていますが、なぜ重要視されるのでしょうか。まずはコスト削減の必要性について解説します。

 

利益の拡大

そもそもコストとは、企業が行う事業活動で発生する費用です。パソコンやコピー用紙など目に見えるコストや、時間や工数に比例して発生する人件費など目に見えない費用があります。

企業として1日でも活動すれば費用も必ず発生するため、コストの影響は企業経営に対して軽視できません。そして、企業の利益は売上からコストをマイナスして算出されるので、コストを削減できれば利益を拡大できます。

売上のアップでも利益は増やせますが、狙ってできるものではありません。売上の改善のために日々工夫をされている企業は多くありますが、思い通りにいかずに苦戦している会社も多いでしょう。

一方、コスト削減であれば確実な利益アップが期待できます。特にコストは毎月発生するので、削減に成功できれば継続してメリットを享受できます。企業の利益拡大を考えている方は、コスト削減は実施を検討すべきでしょう。

 

従業員のモチベーション向上

コスト削減の効果は従業員にも還元できます。例えば、大幅なコストカットの実現によって業績が改善すれば従業員の給与アップも可能なため、従業員のモチベーション向上が期待できます。

コスト削減は会社側だけの問題と考えずに、従業員のメリットにもなるので、皆で協力して取り組む姿勢が大切です。

また、コスト削減を行いながら従業員のモチベーションもキープするためのポイントとしては、数値目標を決めることが重要です。漠然とコスト削減を掲げても、従業員は混乱してしまいますが、具体的な時間や効率化の目標を決めれば行動にも反映できます。

通信費や備品に対するコスト削減への改善策も、従業員に方向性や現状を共有しておきましょう。最終的に目標が達成された際に従業員へ還元することを伝えておけば、全社的な士気もアップするでしょう。

 

コスト削減をコンサル会社に依頼するメリット

コスト削減ですが効率的に進めるためにコンサル会社に依頼する企業も増えています。ここからはコンサル会社にコスト削減をお願いするメリットについてお伝えします。

 

負担がない

コスト削減は簡単に行える作業ではありません。サービス品質の維持など配慮すべきポイントも多くあり、手間と時間のかかる仕事です。さらに、社内でコスト削減を実施するのであれば、通常業務も行いながらコスト削減の取り組みも実施するため大きな負担がかかります。

コンサル会社に依頼すれば、自社での負担を大幅に削減してコスト削減を実現できます。多くのコンサル会社は一貫したコスト削減サービスを提供しているため、ほとんどの工程を任せられます。

定期的なコミュニケーションは必要ですが、正しく会社の現状を伝えられればコスト削減の実現も可能です。本業に集中し ながらコスト削減も達成できるのは、コンサル会社に依頼する大きなメリットです。

 

プロに代行してもらえる

コンサル会社はコスト削減の専門家ですので、担当者もプロフェッショナルが揃っています。コンサル会社にコスト削減を依頼すればプロの視点でサービスの見直しを行ってもらえるため、業務品質を落とさずにコスト改善が実現できます。

しかし、自社でコストカットを行うと専門的な知識が不足しているため、さまざまなトラブルが発生してしまうケースが少なくありません。例えば、サービス品質を低下させてしまったり、使用量に大幅な制限をかけて利便性に問題が生じたりする場合もあるでしょう。

コンサル会社であれば、品質をキープしたまま最適なサービスを選定してもらえるので、心配せずにコスト削減を任せられます。コスト削減の対象品目も幅広いので、自社では気が付かないようなポイントもコストカットが実現できるので大きな効果が期待できます。

 

コスト削減のコンサル会社5選を比較!

それでは、人気のコスト削減のコンサル会社5社を紹介します。会社ごとの強みや特徴などをお伝えするので、ぜひサービス選定の際の参考にしてください

 

リンクモア

リンクモアは、企業のさまざまな経費の価格を適正化する成功報酬型のサービスを提供している会社です。

使用しているサービスの品質や使用量を下げるコスト削減ではなく、クオリティーや利便性を維持したままコスト低減を実現するコスト改善サービスを行っている点がリンクモアの大きな特徴です。

リンクモアの質の高いコスト改善が可能な理由は、優れた情報力・分析力・交渉力の3つです。支援実績にもとづく価格情報と対象となる経費の豊富な業界知識により、適正価格を導き出します。

そして、オリジナルデータベースを所有しているので、分析ツールを駆使して効率的な削減効果が得られます。

さらに、稟議が上がりやすいツールの使用と巧みな交渉術で、取り引き先との関係性維持も心配ありません。ワンランク上のコスト改善を実施したいのであれば、リンクモアに任せるのがおすすめです。

 

ライトアップオール

ライトアップオールは、コスト削減と経営一般に関するコンサルティングサービスを提供している会社です。コスト削減サービスの特徴は、完全成果報酬型を採用していることです。コスト削減できなかった場合には費用は一切発生しません。

そして、徹底したサポート体制もライトアップオールの魅力です。リサーチ・分析・交渉を一貫サポートしてもらえるので、理にかなった削減プランを提案してもらえます。

コスト削減項目も幅広く、事務用品からIT関連、エネルギーなど70項目以上が対象です。コスト削減の可能性を徹底的に探ってもらえるため、網羅的なコスト改善が期待できるでしょう。

大手企業を中心に500社以上がライトアップオールのコスト削減を導入しているので導入実績も豊富です。ライトアップオールのコスト削減が気になる方は、基本の経費6項目を無料で一括診断できるサービスも実施中ですので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

 

フジテックス

フジテックスは販促・出力加工事業や環境・リサイクル事業、エネルギー事業など幅広い事業を展開している会社で、全国を網羅するネットワークでお客様の多様なニーズに応えています。

コスト削減サービスも強みとしていて、10,000社以上の削減実績を誇ります。フジテックスのコスト削減の特徴は販促費と消耗品に特化している点です。

全国の複数社分の年間ボリュームをフジテックスが取りまとめ、原料メーカーの工場にボリュームディスカウントで交渉します。経営基盤のしっかりしてい るフジテックスならではの方法で、通常では厳しい大幅なコストダウンを実現しています。

さらに、フジテックスのWeb発注システムを活用すれば、発注・納期確認・伝票管理・支払いなどの面倒な作業を一元管理できるので、雑務に余計な時間を取られません。

業務効率もアップするので、本来のコア業務に集中できます。無料コスト診断も実施中なので、ぜひご利用ください。

 

エルネストリンク

エルネストリンクは完全成果報酬型の安心・安全・安価の3Aコスト削減サービスを提供している会社です。契約前にコスト削減額が分かるトータルコンサルティングを実施しており、安心してコスト削減をスタートできます。

過去の1,000社以上のコスト削減データより最安値のシミュレーションを行うので、無理のない削減可能額の算出が可能です。分析結果は一覧表にされ、コスト効率も含めても見える化してまとめられるので、コスト削減の方向性が分からなくなる心配もありません。

さらに、サービスの利用料金は初年度のコスト削減額の中から80%を報酬として支払う形が採用されおり、翌年度以降の料金の支払いは不要です。

固定費を見直したい方、内部留保が増えない方、返済額が負担になっている方などは、エルネストリンクのコスト削減サービスの導入を検討してみましょう。

 

ヒューマンプランニング

ヒューマンプランニングは、持株会社であるヒューマンホールディングスを中心とするグループ企業において、購買事業・アリーナ事業・広告代理業などを行う会社です。購買部門の役割としてグループ内外を問わずコスト削減サービスも提供しています。

強みとするソリューションはコピー料金・保険料・電気料金の大きく3つです。コピー料金では複合機の使用状況を総合的に分析し、コスト削減の取り組み効果を最大化します。

保険料では第三者としての客観的な視点で保険料の見直しを行ってもらえるので、難解な専門的な知識は必要ありません。

電気料金では需要家の業種や使用状況に応じて最適なメニューを提案してもらえるので、高額な固定費も改善が期待できます。

また、メニューにない品目についても対応可能なので、コスト削減をするための具体的な方法が分からない方はヒューマンプランニングに相談してみましょう。

 

コスト削減のコンサル会社の選び方

紹介したサービスはごく一部で、コスト削減を実施しているコンサル会社は多くあります。ミスマッチを防ぐために、会社を選定する際の3つのポイントを解説します。

 

報酬制度を確認

コンサル会社の料金形態は、大きく分けて固定報酬型か成果報酬型に分けられます。固定報酬型はコスト削減の成果にかかわらず固定の報酬を支払う料金形態です。主に戦略コンサルティングファームが提供しているサービスに固定報酬型は採用されており、大企業に向けたソリューションとして高額な金額が発生する場合も少なくありません。

一方、成果報酬型はコスト削減額の成果に応じて、支払う料金が変動する方式です。例えば、コスト削減額の50%を成果報酬として設定しているサービスだと、50万円の効果があった場合は25万円をコンサル会社に支払います。

翌年以降は成果報酬の支払いが不要なサービスも多く、利用しやすいことが特徴です。企業規模や目的によって最適なサービスは異なるので、報酬制度をよく確認してコンサル会社を選定しましょう。

 

実績を確認

コンサル会社の過去の実績確認も大切なポイントです。コスト削減効果のメリットや得意分野をアピールしている会社もありますが、それだけでサービスを選定してしまうのは危険です。自社と同等な規模や業種の会社に対して、コスト削減の実績があるか確かめましょう。

具体的にどういった成果が出たのか、詳しく調べることをおすすめします。想定されるコスト削減効果を事前に認識できれば費用対効果も算出できるので、コンサル会社に対してもより建設的な話ができます。

さらに、実績を例に出しながら契約などの話しを進められれば、ミスマッチも防止できるため安心です。実績の数だけでなく、自社に対して参考になるコンサル経験があるかを重視して、コンサル会社を選びましょう。

 

コミュニケーションの取りやすさ

コスト削減のコンサルティングでは、定期的にコミュニケーションを取ることが大切です。一貫したサービス提供を売りにしている会社もありますが、適切に連携していく姿勢がコスト削減を成功させるポイントです。

コンサル会社の担当者との連絡手段やレスポンスの質などを事前に確認しておきましょう。連絡手段としては電話やメールが主ですが、最近だとチャットサービスに対応しているコンサル会社も増えており、些細なことでもチャットだと気軽に相談できます。

レスポンスの質としては、テンポの良い返答をしてくれるか、質問に対する的確な回答をくれるかなどを注意してみると良いでしょう。

コスト削減の実施ではコンサル会社に任せっきりにするのではなく、定期的にコミュニケーションを取って適宜状況を確認しましょう。

 

まとめ

コスト削減は企業活動の品質を低下させずに実施することが難しく、自社の力だけだと難航するケースも少なくありません。そこで、コスト削減をコンサル会社に依頼すれば、自社での負担を軽減して効率的に作業を進められます。

さらに、経験豊富なプロにコスト削減を実施してもらえるので、大きな成果も期待できます。多くのコンサル会社がありますが、報酬制度や過去の実績などをよく確認して自社にマッチするサービスを選定しましょう。