『コスト削減サービス』を比較するときのポイントとは?おすすめサービスもご紹介!

『コスト削減サービス』を比較するときのポイントとは?おすすめサービスもご紹介!

経営での大きな悩みのひとつになるのがコストでしょう。人を雇うのにも電気を使うのにも企業活動をするにはコストが必要です。

しかし、どの企業であってもできることならコストを少しでも節約したいと思うでしょう。そのような際、人気なのが「コスト削減サービス」です。コスト削減サービスを上手に活用すれば、品質を落とさずに価格のみを安く抑えられます。

そこでこの記事ではコスト削減サービスを比較する際のポイントをお伝えします。おすすめしたいサービスについてもご紹介するので、ぜひこれからコスト削減サービスを利用する際の参考にしてみてください。

 

コスト削減サービスとは?

コスト削減サービスとは、企業の経営で発生するさまざまなコストを総合的に見直してくれるソリューションを指します。例えば、人件費や通信費などが代表的なコストですが、費用をかけずに無料で企業活動を行うことはできません。

企業が利益を生み出すためには投資としてコストが必要です。しかし、闇雲にコストを発生させてしまうのは得策ではありません。企業の持つ人・物・お金のリソースには限りがあるので、最適な支出を考えることが重要です。

このような場面で利用を考えたいのがコスト削減サービスです。コスト削減サービスを上手に活用すれば、企業の不要なコストを削減し、業務遂行に必要なコストを適切に確保できます。

また、コスト削減サービスは多種多様な内容が展開されており、会社によって得意としている分野も異なります。例えば、人材の見直しを強みとしている会社もあれば、ITに特化しているサービスもあるでしょう。コスト削減サービスを選定する際は、自社のコスト整理から始めることをおすすめします。

 

コスト削減サービスを利用するメリット

それでは、コスト削減サービスを活用するとどういった利点があるのでしょうか。ここでは、主な3つのメリットについてそれぞれ解説します。

 

プロにコスト削減を実施してもらえる

その道の専門家にコスト削減を実施してもらえるのが大きなメリットです。経験豊富なプロがコスト削減を代行してくれるため、より確実な成果が期待できます。

また、コスト削減が可能な箇所を会社全体の支出から見極めてもらえるため、最適な解決策を立案してもらえます。プロでなければ見出せないコスト削減のポイントも発見してもらえるでしょう。

自社でコスト削減にトライしてみたものの、行き詰まってしまったときは、プロに相談すると打開策が見えてくる場合もあります。

その他、「仕入れ先と関係を維持したい」「現在の委託業者を変えたくない」などのさまざまな要望についても柔軟に対応してもらえます。実績を積んだプロが細心の注意を図りながら、会社に合った適正な削減方法を駆使して高いコスト削減効果を実現してもらえるのです。

 

手間・時間がかからない

コスト削減を自社内で実施しようと考えると、手間も時間もかかります。特に会社の規模に比例して対象の項目も増えるため、コスト削減は想像以上に容易ではありません。

削減項目の策定や契約先との交渉などを行う必要があるので、普段の業務と並行して行うには負担が大きくなります。

しかし、コスト削減サービスを使えばこうした手間や時間もかかりません。コスト削減サービス業者に打ち合わせをすれば、後は抜けや漏れなく理想的なコストカットを実現してくれます。

本来の業務に集中していれば、コスト削減サービス業者が面倒な手続きなどを実施してもらえます。普段は忙しくて時間があまりないという方でも、コスト削減サービスであれば気軽に業務のコストカットができるでしょう。

 

品質を落とすことなくコスト削減ができる

自社でコスト削減を実施しようとすると、どうしてもサービスや社内環境の品質まで落として支出を抑えてしまいがちです。

コスト削減サービスを利用すれば、会社の軸となるさまざまなサービスの品質を落とさずにコスト削減ができます。コスト削減サービスを提供している会社は専門のプロなので、安易な考えでコストカットは実施しません。コスト削減を行いたい会社の状況をよく把握したうえで、必要なお金と無駄なお金を仕分けしてくれます。

過剰なコストに対しては削減対象と判断されるケースもありますが、基本的には品質をキープしたままコストカットを検討してくれます。コストがかかるのが当たり前と考えていた電気代などの品目も、より安い単価での契約が可能になることもあるでしょう。

会社規模が大きくなっている発展途上のベンチャーや、収入が安定している中堅以上の会社など、改めてコストを見直してみると品質を落とさずに日々の出費を改善できるかもしれません。

 

コスト削減サービスの比較ポイント

コスト削減サービスの種類はさまざまですが、どうやって自社にマッチする会社を選べばよいでしょうか。比較の際に押さえておきたい3つのポイントをお伝えします。

 

過去の実績を確認する

コスト削減サービスの比較検討を始める際は、まずはそれぞれの会社の過去の実績に注目してみましょう。特に初めてコスト削減サービスを利用しようと考える際は不安も大きいはずです。

そうした際に過去の実績が分かれば、コスト削減サービス業者を判断する材料になるうえに安心もできます。成功実績が多い会社であれば、自社にも効果的なコスト削減をしてもらえるイメージがしやすいでしょう。また、過去の実績もより具体的に記載してある会社を選ぶのがおすすめです。

そして単に導入実績の件数だけでアピールしているのではなく、電気料金30%削減など、どのような効果が出たのかはっきりと明記してあると信頼感も持てるでしょう。

自社と業種や規模感が似ている導入事例を参考にできれば、見積もりなどを依頼する際もスムーズに話が進むかもしれません。コスト削減サービス業者は情報力や提案力などそれぞれの特徴がありますが、過去の実績も伴っているか忘れずに確認するようにしましょう。

 

対応エリア・削減可能品目を確認する

過去の実績も踏まえてコスト削減サービスをピックアップしたら、対応エリアと削減可能品目も併せてチェックしましょう。対応エリアはサービスを提供している県域などを示しており、コスト削減サービス業者の規模や拠点によって範囲はさまざまです。

高域をカバーしている業者もあれば、関東地方のみを対応エリアとしている会社もあります。いくら優れたコスト削減サービスでも、対応エリアでなければサービスは受けられません。

対応エリアについてはWebサイトに明記されている場合が多いですが、中には問い合わせが必要なケースもあります。そのため、対応エリアは早めに確認しておくようにしましょう。

さらに、削減可能品目についても忘れずに確認しておきましょう。削減可能品目とは、業者がコスト削減に対応している項目です。

人件費・電気料金・通信費など会社のコストはさまざまですが、コスト削減サービス業者が取り扱っている品目もそれぞれ異なります。総合的にコスト削減を行ってくれる業者もあれば、特定の領域に特化している場合もあります。

自社で出費の多い品目は明細などを見れば明白なので、高いコスト削減効果を期待するのであれば業者の削減可能品目と合わせるとよいでしょう。コスト削減したい品目に優先順位を付けておくと判断にも迷いにくくなります。

 

費用形態を確認する

コスト削減サービスの費用形態には、大きく成功報酬型と固定報酬型の2つがあります。どういったタイミングでいくらの支払いが発生するのか、事前によく確認しておきましょう。

成功報酬型についてですが、コスト削減サービスでは一般的な費用形態です。コスト削減額の一部を報酬として支払うスタイルで、着手金や中間金は基本的にかかりません。

また、コスト削減ができなかった場合には料金が発生しない会社がほとんどです。料金の支払いはコスト削減実施後で、2年目以降の成功報酬の支払いが不要な場合がほとんどでしょう。

一方で、固定報酬型はあらかじめ決められた報酬額を月額料金として支払う費用形態です。コスト削減の成果に関係なく支払いは発生するので、状況によっては損をする場合があります。

しかし、想定以上の成果が出たとしても上乗せして料金を支払う必要がないため、メリットとしても考えられます。コスト削減の品目によっては固定報酬型を設定している会社もあるので、事前によく確認しておくとよいでしょう。

成功報酬型と固定報酬型を併用している会社もありますが、ほとんどの場合はどちらかの指定があります。コストメリットを享受するためにも費用形態は大切なポイントです。納得ができるまでコスト削減サービス業者に相談するなどして、疑問点は解消させておきましょう。

 

コスト削減サービスを徹底比較!

それでは具体的なコスト削減サービスを比較してみましょう。ここでは人気の高い3つのサービスを紹介します。

 

リンクモア

リンクモアは企業のさまざまな経費の「価格を適正化する」ために成功報酬型のサービスを提供している会社です。

品質や使用量など現状の取引を維持したまま単価を見直すことで、コスト削減を実現しています。成果が得られて初めて料金が発生するシステムです。単価などの交渉はすべてリンクモアに任せられるため工数もかかりません。

リンクモアの強みは、情報力・分析力・交渉力の3つです。実績に基づく確かな価格情報とオリジナルのデータベースにより、最適な答えを導き出し、双方が納得する結果を創出します。

品目も多種多様で、複合機・レンタルマット・機械警備・現金輸送・日常清掃・定期清掃・チラシ印刷・折込料など、間接コストを中心に約100品目がラインアップされています。

改善実績も豊富で中小企業から大企業まで幅広く対応。全国で対応可能なので、拠点の多い会社でもスムーズにコスト削減を実現できます。

こちらよりリンクモアの資料請求ができますので、お気軽にご利用ください。

>>リンクモアの資料請求はこちら

 

NOC

人事・総務・経理をはじめとした管理部門の総合アウトソーサーとして、多くの実績があるNOC。NOCではあらゆる角度からの提案・業務の一元管理・適正価格の徹底追求を得意としています。NOCのコスト削減の例といくつかご紹介すると、これ以上は光熱費を抑えられないと諦めていた多くの企業のコスト削減を実現。

また、固定電話・社用携帯の業者選定からプランの見直しを行うと同時に、インターネット回線も併せてコストダウンの実現を可能としました。各種通信関連の請求書も一本化されるので、業務工数の削減にも繋がります。

当たり前と思っている価格にも改めて向き合って適正価格を追い求めているので、長年付き合っている取引先に対しても交渉が可能です。会社全体の間接費を見直したい企業、既存取引先が適正価格か知りたい企業などにおすすめのコスト削減サービスを提供しています。

 

ウィザーズプラス

ウィザーズプラスは、成功報酬型のコスト削減コンサルティングサービスを提供している会社です。お客様に喜んでいただくことを第1にサービスを展開しているので、コスト削減も安心してお任せできます。

また、ウィザーズプラスではコスト削減は、あくまで経営改善や業務改革を実行するうえでのKPI(経営指標)に過ぎない考えです。お客様ごとの最終的なビジネスの目標を踏まえたうえでコスト削減を実施してもらえます。長期的な効果を実感できるのもウィザーズプラスならではのポイントです。

実際の作業工程としては、ウィザーズプラスの情報収集力・分析力・交渉力にパートナー企業のノウハウが加わることで、理想的なコスト削減を導いています。

販売管理費を中心に、人件費以外のすべての費用を漏れなく調査分析し、あらゆるコスト削減に対応しているのもウィザーズプラスの特徴です。

オフィス・施設・営業などの一般コストから、IT・物流まで専門コストまで専任の担当者によってきめ細かくサポートを実施してもらえます。削減項目も事務関連からエネルギーに至るまで幅広く対応しているので、確かなコスト削減効果が期待できるでしょう。

 

まとめ

コスト削減サービスは、企業で発生するさまざまなコストを総合的に見直しをしてくれるソリューションです。プロにコスト削減を実施してもらえて、依頼主には余計な手間や時間は発生しません。

品質を落とすことなくコスト削減が実現できるため、コスト削減サービスは多くの企業で採用されています。多種多様なコスト削減サービスを比較する際は、過去の実績・対応エリア・削減可能品目を忘れずに確確認しましょう。

また、費用形態もチェックしておくとトラブルを防げます。今回ご紹介した内容を参考に、自社にマッチする会社を選んで、ぜひコスト削減をスタートさせましょう。